>

そもそも精密機械とはなんなのか?

良く知られているもの

精密機械の種類は非常に多く、日々技術も進歩してどんどん新しいものが増え続けています。
そんな中でも精密機械としてよく知られているものは、生活する中で触れる身近なものであり非常に精巧で正確に作動しなければならないものは精密機械によって成り立っています。
見るからに精密機械というものもありますが、一見関係なさそうに見えるものでも内部の部品には精密機械が使用されているものが多く、現在の私たちの生活に欠かすことのできない重要なもののほとんどには精密機械が使用されています。
よく目にするものとしてはパソコンやスマートフォンなどの電子機器や時計やカメラなどの部品、家電製品に使用されている半導体などがあります。
また、使用することはあまりなくても精密機械としてイメージしやすいものとしてはロボット機器などもあります。

あまり知られていないもの

あまり日常的に触れるものではなく、目にするものでもないものにも精密機械は使用されています。
代表的なものとして病院などで使用されている医療機器、工作機械や分析機器などがあげられます。
種類や働き、使用のされかたは様々ですが全てのものに共通しているポイントとしては常に誤差なく正確に動くこと、細かな動きをすることが出来ること、そして衝撃に弱いデリケートなものであるということです。
工作機械とは、金属や木材などの材料を加工するもので様々な機器や部品を作るのに使われています。
医療機器とは、手術に使用する機器や検査用の機械、人工骨のパーツなど人が病気やケガになった時に治療するために必要な様々な場面で使用するものです。人の命に関わるものですので、正確に動くことが出来る精密機械が使用されているのです。
専門的にそれを仕事としている人しかなかなか目にしないものではありますが、どれも非常に重要な役割をしています。


この記事をシェアする