精密機械の基礎知識と使われ方まとめサイト

>

精密機械のようでそうでないものとは

土木や農業用の機械

精密機械は人間には出来ないような細かな作業を安全に、そして正確にできるものであり非常に精巧な作りになっています。また構造においてもとても複雑なものであるとされています。さらに精密機械かそうではないかという判断の基準として高度な加工ができる工作機械によって加工されたものであるという点があり、そうでなければ精密機械とはされません。ですが、高度な加工がされたものであっても必ずしも精密機械とはされないということもあります。
その一例が土木や農業用の機械で、軸を正確にそして滑らかに回転させて摩耗を減らすために必要とされる軸受や、油圧システムなどの部分には非常に高い精度が使用されていますが、機械の機能自体の精度はそこまで高くないので精密機械ではないとされています。

玩具は精密機械ではない

精密機械の定義のなかで、「作りが非常に複雑であり、精巧に作られているものである」というものがあります。ですが、精巧に作られているからといってもかならずしも精密機械であるとは言えません。
その例として挙げることが出来るのが玩具です。玩具は、中にはとても精巧にそして複雑な作りになっていて高度な加工をされているものがあります。ですが、玩具は精密機械ではありません。
玩具は数字で分析することの出来ないものであり、精度の基準を作ることが出来ないからという理由で精密機械とは呼ばれていません。
このようにいくら精巧に作られたもので高度な加工をされているものであってもそれを数値化して分析することが出来ないものは精密機械ではないとされています。


この記事をシェアする